ブツ撮りの仕事が来たから撮影ボックスを買ったら微妙だった

しゃっす。

 

この間、美容案件をゲットした。撮影込みだったから、ブツ撮り環境を整えようと思って撮影ボックスを買ったら、それがまぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜微妙で。ちょっと微妙すぎて悲しかったので私の話を聞いてほしい。

Amazonで1700円だった撮影ボックス

私親指曲がりすぎだよね。ウケる。これって、遺伝で曲がり具合が変わるらしいよ。

おそらく「PULUZ」という名前の撮影ボックス。外側はメッシュ素材の袋になってて、この袋に一式を収納できる。

背景用のカラー布は5種類。

ボタンで、パチパチと止めて行く。ちらっと写っているブツブツっぽい横長のやつが照明。

USBは普通のやつ。Cじゃないやつ。このライト、右側にしかUSBを刺すところが付いてないのが良くない。右側にコンセントがあるご家庭なら良いけど、私の家は左側。机の上に置いて撮影しようと思ったけれど、無理だったので床に置いてうんこ座りで撮影するハメに。

体幹がある人ならいいけど、私ないのよ。すぐゴローンって転んだし、うんこ座りして立ち上がるときってめちゃくちゃ立ちくらみ起こすからほんとうんこ座りにはみんな気をつけたほうがいい。

撮影ボックスの端が映り込むのがしんどい

無加工。のどの痛みスプレーなんて5cmくらいしかないけれど、これくらい寄らないとボックスの端っこが映り込む。そして、ボタンでパチパチ止めるタイプだからか、底の部分が浮いて平面にならない。メッシュ感も満載。

本当に撮りたいところまで下がったらこれくらい映り込む。トリミング必須。

しかし、このボックスは、上に穴が空いている。

上から撮るとボックスの端が映りこまないので良い。しかし、メッシュ素材は誤魔化しきれない。

メッシュを誤魔化そうとした結果。

背景が黒だからダメなのかと思って、白に変えてメッシュを誤魔化そうとした結果。

私の加工能力がないのかなんなのか、宙に浮いているというかなんというか。石の撮影とかならいいかもしれないけど、宙に浮くはずがないものの撮影には向いてなさそうな…。うーん。こ。

撮影ボックスは上からの撮影、下に敷くものがあるのなら良い。

どういうことかというと、こういうこと。

同じ撮影ボックスを使って、上から撮った。下に敷いているのはアマゾンで買ったFlatlay Sheet (フラットレイシート)

美容案件撮影でも撮影ボックス上から+フラットレイシートで撮影したらバチバチに褒めてもらえたから、フラットレイシート が神なんだろうね。ありがとうフラットレイシート。ありがとう。ありがとう。

 

実際、ちゃんと使いこなせる人はいるんだろうね。たくさん売れてるんだもん。だけど、この撮影ボックスのために模様替えはしたくないし、メッシュ感を消すためにがんばりたくない。床の部分が平行になるためにずっと出しっ放しで重たいものを乗せてクセを付けるっていうのも面倒だし。ってなったら、私の中での評価は微妙ってことになった。

上から撮ってフラットレイシートを敷けばいい感じになるから使うけれど、もしそれで対応できない撮影案件とかがきたらまた考えよ…。うーん。