羽田空港国際線ターミナル。展望デッキで深夜を過ごす

羽田空港国際線ターミナル。モノレールの終電のちょっと前くらい。人はまばらで、外国人観光客がほとんど。子どもがキャッキャしている。

いつもであれば、友達と一緒に向かう。そして到着後はベンチで雑魚寝をしたり、コンビニで酒を買い込んで静かに酔っ払ったり。

だけど、今回は一人で過ごすことが決まっていたからかな。なんだか酒をガブ飲みする気にはなれなくて。

 

ということで、羽田空港さんぽ。

謎にひまわり推しの羽田空港。(2019年8月中旬)フィボナッチ!!!

ドラマ”あなたの番です。”のことを考えながら空港内を歩いていると、展望デッキを発見。

今の時期は、クーラーガンガンで空港内は寒い。避難も兼ねて、外に出てみる。

真っ暗だけど、多少は灯りがある。椅子やテーブルもある。まばらに人がいる。

ここで私は飛行機を眺めながら「このまま夜明けまで展望デッキで過ごしたら、どんな景色になるんだろう」と、普段は思わないようなことを思ってしまった。

羽田空港マジックか、海外旅行マジックか。

そうと決まれば、颯爽と展望デッキを後にして…

空港内にあるタリーズでココアをゲット!リア充たちを横目にテーブルと椅子を確保し、Kindleで本を読んだり、Lightroomで撮った写真を現像したり。

家にいるよりも充実した時間を過ごした。毎日ここで過ごそうかな。

などと思っていたら、空が少し明るくなってきた。今は4時くらい。

羽田空港の夜明けは4:30頃らしい。

15分くらいで、空がどんどん白くなっていった。羽田空港国際線ターミナル展望デッキチャレンジ、大成功!

タクシーで羽田空港に来れるリッチな友達だちから「着いたよ〜」の連絡が。ああ、その経済力が羨ましい。

私もその経済力があればなあ、とか思ったけど、タクシーで向かってたら展望デッキで夜明けを眺められなかったのよね。深夜の過ごし方、大正解すぎた。

よっしゃ行くぞ〜〜〜〜!台湾!