FUJIFILM Imaging PlazaでレンタルしたXF50-140mmF2.8は赤ちゃん

ここには出せない写真(えっちなものじゃないよ)を撮るためにレンタルをしたんだけど、実際に撮影する前に試してみたくて、イメージングプラザ から東京駅まで撮り歩いた。

とりあえずの感想としては、ストーカーがしやすそうだなあ。って感じ。

まずは、イメージングプラザと同じ階にあるコーヒー屋さん。コーシーコーシー。キレッキレ。輝くスプーン。wao

これやばくない?めっちゃストーカーできるでしょ。言ってしまえば、このレンズがあれば探偵になれると思う。

ケイトスペードかわいいよね。好き。

東京駅!

美味しそうなクマ。チョコみたい。

美味しそうなクマ、まつ毛生えてる。マツパ?マツエク?

武道館みたい

雨って感じの写真

なんかよくある、距離でやるやつやりたかったけど何メートルのやつで撮ったかわかんなくなっちゃった 

 

XF50-140mmF2.8、めちゃくちゃいいレンズだけどデカすぎ。重すぎ。だけどキレッキレのボケ感で、普段18-55のレンズキットで生きている私にとっては衝撃的すぎてだな…。

それにしても、これ首から下げてたら首が死ぬし、こうやって産みたての赤子みたいに抱えることしかできない。

マジで、赤子レベルの大きさと重さ。産んだか?って思ったよね。レンズを産み落とす私。どんな産道してんだ。

レンズの名前とか覚えられないから、私はこの子のことを「赤子」と呼ぶ。だから私が「赤子欲しい」と言っていたら、このレンズのことなんだなって思ってね。

赤子レンズ、絶対いつか買うんだから!!!!