今年のワイ的ベストソングをまとめるよ

今年のワイ的ベストソングをまとめるよ
2019-12-31
スポンサーリンク

 

ワイ的2019年ベストソングまとめ。

帰省中、自宅でヒマな人の暇つぶしに。長距離運転をしなきゃいけない人の
BGMにしてもらえたら嬉しい。

2019年に発売された曲で、YoutubeにMVが上がっているものの中でハマった曲を10曲ほど。さっそくまとめるよ!

 

アンジュルム『恋はアッチャアッチャ』

作詞は児玉雨子さん、作曲は星部ショウさん。この2人が作ったっていうだけで、聞かずとも最高なのがわかるくらいの最強コンビ。

新メンの声のハマり具合、川村の声の良さが引き立ちまくっていてアッチャアッチャ中毒。2:14あたりからの佐々木莉佳子が良すぎてよかった。

 

PINK CRES.『トウキョウ・コンフュージョン』

活動停止中のBeryyz工房の夏焼雅が、一般オーデで上がってきた2人と組んでいるユニット。

最初の方は雅ちゃんありきのユニットだなあと思っていたし、コンセプトもよく分からなくて、ベリが終わってやりたいことってこんなことだったの?ってガッカリした気持ちもあった。

だけど他の二人も雅ちゃんに引けを取らないくらい歌が上手くなっていて、ラップもバリバリで。この曲で、雅ちゃんがやりたかったことがわかったような気がした。気がしただけ。知らんけど。

 

つばきファクトリー『三回目のデート神話』

自信がなくて、恋が実らないことでおなじみのつばきファクトリー(?)

今回は、三回目のデートって告白とかあるんじゃないの…?え、誰にでもそうなの?自意識過剰?脈がなかった方がいい、会うたびに幻滅されてないよね?

みたいな曲なんだけど…もう、つばきは自信を持ってくれ。お前らちゃんとかわいんだから大丈夫だよって言ってあげたくなる。

そんな曲なのに、ちょっとアニソンちっくなメロディー、声の圧とか質で強がっているようにも聞こえてくる。間奏のハッーハッーハッーハッーがクセになる。

 

CHICA# TETSU『都営大江戸線の六本木駅で抱きしめて』

もう、2019年ナンバーワンと言っていいほどめっちゃかわいい。こんなにかわいいハローを見るのはいつぶり?っていうくらいかわいい。

チカテツって名前で地下鉄の歌を歌ってるのもかわいいしフリもかわいいし衣装もかわいいしもう本当にかわいい。これをフリコピしてるおじさんもきっとかわいい。

はーーかわいい

 

BEYOOOOONDS『眼鏡の男の子』

もう今年は、BEYOOOOONDSの年だった。レコード大賞の最優秀新人賞を受賞した眼鏡の男の子のフルバージョンを聞くと、夢羽の恋が叶わないのが切ないね。

眼鏡の男の子とリンクした曲もあって、新時代のハロプロを感じさせられた。だけどかつてのハロプロを感じるところもあって、ちょうどいい融合具合というか。ズコーッ!

BEYOOOOONDS『ニッポンノDNA!』

初めて聴いたとき、オタクババアは泣いてしまった。未来がある女の子ってこんなに尊いものなのか、って思ったら涙腺がガバガバのガバ。

ビヨーンズから明るい未来しか感じ取れない、なにこの希望のかたまり。

JKくらいの頃、大人たちが「ももクロを見て元気をもらって励まされてがんばれる」って話題をよく見かけていて、当時は全然分からなかったけど、たぶん、私が今ビヨーンズに感じてる気持ちと同じなのかもって思っている。

星部さん神

Juice=Juice『微炭酸』

Juice=Juiceの圧倒的センターは宮本佳林ちゃんでは?!?!?!?!?!?!?!?!?!!?!?

って戸惑った。

Juice=Juiceはずっとオリメンのままやっていくものだと思っていたし、他グルみたいに卒業加入を繰り返してこなかったからこそ、次の°C-uteに、°C-uteも超えられるんじゃない?!って思っていた。

オリメンの歌割りが減ったこともあって全然新メンを受け入れられてなかったんだけど、最後の段原の歌割りが最高に良すぎてなんかもう全部吹っ飛んだよね。はー、段原神

鈴木愛理『Break it down

°C-ute解散後、ソロ活動をしている鈴木愛理のアルバム曲。Official髭男dismの人に作ってもらって、歌唱指導もしてもらったらしい。

°C-uteのときとはガラッと歌い方を変えていて驚く。°C-uteの細かい歌割りとは違って、まるまる4分ひとりで歌い切る。最初は正直、飽きる声だなって思っていたけど、このアルバムを聞いてから曲によって歌い方も声の出し方も表現の仕方も全然違っていて、なんかもう鬼。鬼だよ。この人すげえよ。

アンジュルム『私を創るのは私』

絶対的なわだちょが卒業して、タケがリーダーになって、かみこからはじまってかみこで終わる。そしてセンターには橋迫っていう、これからのアンジュルムがスッゲーものになるんじゃない!?って確信しかできない曲。

サビ上ハモのタケ(たぶん)が最高に最高なので、レコーディング映像が早く見たい。

  Juice=Juice『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』

この曲に関しては、なにも言えない。なにも言えないからこそもうなにも言わずに早く再生ボタンを押してほしい(?)

そしていいなって思ったら、ライブバージョンが上がっているからそっちに飛んでほしい。

 

最後に

やっぱりさ、5歳くらいからハロオタをやっている人間だからハロプロばっかりになっちゃうというか、それしか入ってこないというか。

他にもラッタータタタラッタッターラッタッタの曲とか、ジェニー?だっけ?なんか好きなのもあるんだけど、やっぱりガツンとくるのはハロプロなんですよねってことで、今年のブログはこれで終わり!

パイパイ!