GWに往復6000円で北海道に行ってきた。持ち物はバックパックじゃないバック1つだけ。

GWに往復6000円で北海道に行ってきた。持ち物はバックパックじゃないバック1つだけ。
スポンサーリンク

 

ただいま、地元の北海道に帰省中。マッマに甘えた寄生虫。YO。

帰省とは言っても、北海道と関東の二拠点生活をしている(ようなもの)なので、まあ、気分転換にもう一つの拠点である北海道に来た。

北海道⇄東京の飛行機が往復6,000円。GWなのに。LCC神か?

 

さてさて。今回の北海道に滞在するのは、なんとGW真っ最中

なのにね、飛行機が往復6,000円で取れたの。手数料やらなんやらかかるけれど、それでも10,000円かからない。GWに。

 

それも全て、peachとバニラ・エアの合同セールのおかげでございます。

まあ、あとはフリーランスなので、GWの前後に3日間くらい足したからっていうのもあるけど、もう一生ね、本社のある方に頭向けて寝れないよね。ありがとう、社長。

しかし、LCCの問題は、大きな荷物を預けるのにお金がかかること。

 

今回はバニラ・エアを使ったんだけど、一番安い「シンプル・わくわくバニラ」でも、追加で2,000円かかる。

いい大人なんだから2,000円くらい出せよって話なんだけど、よくよく考えたら、関東から北海道に荷物を送るのも2,000円くらいなんだよね。

同じ2,000円なら少しでも楽がしたい。実家に事前に荷物を送りつけた。

 

2週間過ごすのは、母が暮らす実家。不便なく暮らすだけの物資はある。(暮らしやすすぎて帰りたくない)私が持っていくのは滞在期間の着替えと、仕事道具だけ。

だから、滞在期間の着替えとか、必要なものをダンボールに詰めて実家に送りつけた

出発する前々日にコンビニから発送、到着日の一番遅い時間に届くように時間指定。到着日にパンツがない問題は起きない予定。

飛行機が遅れて荷物が受け取れないことも考えて、1枚のパンツをカバンに忍ばせておくと安心できるよ。私は天才だから忍ばせなかったけどな。ふはは。

バックパックじゃないカバンの中身

 

ここで、よくガジェットブロガーがやっている「カバンの中身」みたいなことをしてみようと思う。(ちょっと憧れてた)

まず、使っているカバンはこちら。どこのか忘れたけど、韓国のやつ。4,000円くらいだった。

中身。

  • MacBookproの13インチ
  • OLYMPUSのミラーレス機。ご飯取材のときに重宝している。
  • 使いにくいWi-Fi
  • 中身が全然ない財布。新千歳空港で買って、6年目かな。使う時期と使わない時期がある
  • iPadproじゃないやつ。飛行機の中でprimeビデオしたいから持ってきた。
  • タイプCのSDカード読み込むやつ。壊れかけ。
  • 最近買ったイヤホン。使いにくい。
  • 名刺入れ。
  • ゴミ。チケットの半券やらレシートやら
  • あと来たときはコテもぶち込んでたんだけど、これはもう自宅に発送した。

 

これで確か、6キロ超えるか超えないかくらい飛行機の機内に持ち込める手荷物の制限が7キロ。超えたら追加のお金がかかるので毎回ドキドキしてる。

 

いつもは重たいガラガラをガラガラするだけでも疲れるのに、飛行機でも上の棚に上げなきゃいけなくて結構な重労働だった。


けど、運搬作業がないだけで、こんなに楽になるとは。宅配便最高。クロネコヤマトさまありがとう!

 

 

年末年始、お盆、GW。長期休暇で実家に帰る人は、ガラガラで荷物を運ぶのではなく、宅配便で送り付けるのがおすすめ。

 

事前にちょっとだけ手間がかかるけど、当日はマジで楽。疲労感が全然違う。移動で疲れてクタクタ…っていうのがなく、そのまま遊びに行けた。最高。

次こっちに来るときも荷物送りつけよ〜〜!

北海道バイバ〜〜〜イ!!!