2024年6月末、東京を脱出しました

2024年6月末、東京を脱出しました

スポンサーリンク

過去最凶にカオスな都知事選の前に、東京を脱出した。賃貸契約の都合上だから意図して脱出したわけではないけれど、カオスな状況すぎて脱出してよかった感がある。あんなの選べないよ……。

 

東京を脱出するにあたって、行き先の選択肢が三つあった。

フリーランスだから会社に縛られていなくて、仕事もどこでもできちゃう系だから、本当にどこに住んでもよかった。極端な話、北欧でもアメリカでもアフリカでもブラジルでもタイでも韓国でもロシアでも、勇気さえあれば住める人間ではある。

だけどビビりなので、選択肢は日本のみ。地元の北海道、東京ではないけれど関東圏、大阪の三択。

 

地元に帰りやすい、仕事に困ってもどうにかなりそう、東京ほど人が多くない場所が良くて、選ばれたのは大阪でした。私は今大阪に住んでいます。

 

ず~~っとどこに住むかうだうだ悩んでいて。割とかなりずっとうだうだ悩んでいた。数か月は悩んでいた。何にも縛られていないからどこでもいい。だけど東京はイヤ。

6月末に大阪で焼肉を食べる予定があるし、三か月に一回くらいは大阪で遊んでいたし、もう大阪に引っ越しちゃおう!!となり、大体一ヶ月くらいで引っ越しを終えた。悩みに悩んだくせに、最後はほぼ勢いだった。

約一週間住んでみて、そもそも家からあまり出ない生活だから、大阪を実感する機会はあまりない。だけど洗礼は受けた。

 

東京から大阪に荷物を届けるのに一日かかるから、運び出した日の晩は大阪のホテルに泊まったんだけど、チェックインをして部屋に向かうためにロビーを通ったら、ツーブロゴリラ系の会社員男性に「お前デリヘルやろ!!!」となかなかの大声で言われた。

運んでもらう荷物に入れられなかったカビキラーとかの洗剤類、直前まで使ってた包丁とまな板を抱えて大阪に来ていたこともあり、部屋についてからどう殺そうか割とマジで考えた。武器を持ちすぎていると人間の思考は簡単に物騒になる。

まあ大人なので実際に行動はしていないけれど、殴るぐらいしてもよかったんじゃないかと後悔している。

 

東京を出た結果、見ず知らずの女をデリヘル呼びする男がいる大阪に来てしまった。

大阪の男ってなんなんだろうね。サイズ感ピッチピチのオールブラックコーデに、わけがわからん小さいカバン、ツーブロとも言えない短髪。チンピラになりたいイキリ兄ちゃんみたいなのがわんさかいる。

こってこての大阪男とは絶対なにもならないな、と思いながら、今日は梅田に遊びに行く。梅田の広場にいる緑色のクマちゃん大好き。