フリーランス仲間と軽井沢で蕎麦食って日本酒飲んで優勝してきた。そして拠点の大切さを学んだ

フリーランス仲間と軽井沢で蕎麦食って日本酒飲んで優勝してきた。そして拠点の大切さを学んだ
スポンサーリンク

前回

星野リゾート『BEB5 軽井沢』でお手軽に富裕層体験【1日目】
軽井沢って聞くと、都内に住むお金持ちのおじさんが別荘を持っている場所。夏になると家族を連れて避難するリゾート地。そんなイメージがある。 私の中で『富裕層の第二拠…
umippp51.xyz

フリーランスの友人と1泊2日で軽井沢に行って、作業会をしてきた。各自仕事を持っていったので、向こうで取材をするから、などというわけではない。

すごくおしゃれな場所で、だらだらしながら喋って酒飲んで仕事して…って最高の時間を過ごしてきた。

 

  

2日目のお昼ご飯は蕎麦を食べよう!と決めていたので、蕎麦屋の開店までBEB5で仕事をした。

仕事のお供にラテが飲みたくて、併設しているカフェに行ったらお兄さんに

(この場所で)働いてるんですか?」って聞かれて、思わず

(毎日)働いてますよ?!」って大きな声を出してしまった。

アンジャッシュみたいな事件だった。ニートじゃないよ!ニートになりたいけど!

最初はハルニレテラスの蕎麦屋に行こうか〜って話をしていたけれど、某カフェのお兄さんに

この近くに地元の人が行くような蕎麦屋があるんだよ」って教えてもらったのが玉川屋。

マジね、めちゃめちゃ美味しい。富士そばばっかり食べてる人間だから、こういうちゃんとした蕎麦をなかなか食べないんだけど、麺が全然違うのがわかる!驚き!

野菜の天ぷらもめちゃめちゃ美味しかった。この蕎麦セット、東京だったら1,600円くらい取られそうなのに、軽井沢だと1,000円ちょっと。

一品料理も美味しそうなのばかりで、蕎麦屋で日本酒飲み会したくなった。したい。今すぐに。日本酒飲みたい!!!

そして問題はこのあと。問題というほどのものでもないけれど。

 

BEB5の作業環境、すごくよかった。少し寒いけれど、そのおかげで眠くならないのはありがたい。確定申告のレシートをばらまける広い机。足元にコンセント、Wi-Fiも結構早い。

だけど、せっかくだしいろいろなところに行きたい欲もあって、ハルニレテラスのカフェに拠点を移す?とも思った。

だけど、作業しやすいか分からないし、移動はシャトルバスだし、って感じで結局帰り道にある中軽井沢駅内のキッシュ屋さんに移動した。

いや、ここもすごくて。軽井沢テレワーク協会がテレワークのために席を作りました!みたいな席があった。電源があった。仕事をしようとしたらお姉さんがWi-Fiを教えてくれて優しかった。

 

そう、こうやってたまたま入ったお店がいい感じに作業しやすい、ってこともあるし、移動するのも気分転換になる。だけど、よく知らない土地だからこそ拠点を決めるって大切!

軽井沢は車社会で、ハルニレテラスとBEB5間の移動は無料のシャトルバスでちょっと面倒。だからこそ、せっかく移動したカフェがもし作業しにくかったらちょっとイヤ。

調べたらわかることもあるけれど、基本的にギャンブルな旅先こそ、今回みたいに宿泊するホテルを仕事の拠点にするのが正解。

疲れたらホテルの周りを散歩をして、コーヒーとかおやつを仕入れて拠点に帰る。これが集中して仕事をするための最善策。決定。

  

そう思ったら、ホテルもいいけれど、共用スペースがあるゲストハウスとかも良さそう。いやはや、楽しかったな。すぐ違う土地に行きたいわ今。お金欲しい。

次はどこに仕事しに行こうかな〜〜〜〜!!