PENTAX espio115、Kodak colour Plusで撮る原宿

PENTAX espio115、Kodak colour Plusで撮る原宿
2019-12-29
スポンサーリンク

私の歩行スピードと抜群に相性が悪い原宿をフィルムカメラで撮り歩いてきた。

早歩きでセッカチなので、自分のペースで歩けないとイライラする。原宿とは本当に相性が悪い。だけど、初撮りの街に原宿を選んでしまった。

上京民だから仕方がないね。

 

 

カメラ

相棒は、高円寺のフィルムカメラ屋さんで買ったPENTAX ESPIO115m。お店にある中で、おそらく一番小さくて軽いカメラ。

小さいカバンに入れられたり、ポケットに入れたり、気軽に持てるカメラが欲しかったからちょうどいい。本体の色がギンギンしたシルバーではないのも高ポイント。

色合いがかわいすぎるよペンタちゃん。

 

 

カメラ屋さんのお兄さんにおすすめしてもらったKodakのフィルムも入れた。とりあえず一枚。

高円寺

ブレた。

 

原宿駅

原宿駅、表参道口。左上になんかシュンッて跡が。オートフラッシュ?機能がついていて、オートフラッシュをしないような設定もできる。

おそらくオートフラッシュのまま撮ったか、オートフラッシュにならないように設定して撮ったか、どっちかの場合でこのシュンっていうのが出るらしい。どっちだったかな!

人が多すぎたので、速攻でラフォーレに逃げ込む。

moussyにも逃げた。

パノラマ機能がついていたから、何となく使ってみた。

からのまた大通りに出て原宿方面へ。

Aesop、かわいいけど高いんだよな〜って思ってたらボトルがくくりつけられてた。

疲れたのでnikoand………..に逃げ込む。
コーヒー、熱すぎて死ぬかと思った。

 

 

初めて、写ルンですじゃないフィルムカメラで現像まで出したけど、やっぱりめちゃくちゃ貴族の遊び。

だけどこの写りはクセになるね。

デジタルとバランスよく共存できるように考えないと!早くまた撮りたい!